デオシートの口コミから本当の効果を徹底分析!

デオシーあcトの口コミから本当の効果を徹底分析!_R

 

2017年から販売されているデオシーク。

ネットで販売しているデオドラント製品としては、まだまだ新参者です。

既に複数の雑誌で取り上げられ、効果を絶賛されていますが本当のところはどうなんでしょうか?

雑誌など大手メディアの情報を鵜呑みにするのは、ちょっと怖いですよね。

そこで今回はインターネットなどで集めた口コミをまるごと紹介しちゃいます。

結構な数を集めましたので、読めば必ず参考になる情報が見つかりますよ。

デオシークを買うか迷っている方は是非目を通してみてください。

 

デオシークの悪い評判(口コミ)まとめ

 

まずは、最も気になる悪い口コミから紹介していきます。

はたして、デオシークにはどのような悪評があるのでしょうか?

 

【デオシーク悪い口コミ】

 

・口コミで評判を信じて買ってみました。結構な価格の割にはワキガ臭が消えてくれません。効果ゼロではありませんがコスパは良くないですね。クリーム自体は無臭で使いやすいです。

 

・冬場に服を脱いだ時の体臭はずいぶん和らいだように感じます。でも夏場は一度汗をかいてしまうと効果は期待できません。塗り直すといいらしいですけど、やっぱり面倒ですよね。

 

・通常価格は1本8千円を超えていて高い。効果はそれなりなので夏は何度も塗り直しますが、それだとスグ無くなってしまいます。1ヶ月間に2本欲しいところですが経済的に難しいです。使い続けたいですが冬はケチって注文を止めています。

 

・サプリなど関連商品を一緒に試したいのですが、とてもお金が続かない。毎月制汗剤に1万円は厳しい。デオシークはセレブ用なのかも。それと保湿効果が高いとネットに書かれていたのに、それほどでもなかった。

 

・秋から春にかけて気温の低いシーズンは朝に一度塗るだけでニオイの心配が無いので本当に助かります。しかし夏場に暑くなると朝と昼に2回塗らないと効果が持続しません。暑い時期の汗だと簡単に落ちてしまう感じがします。特に仕事で外回りをするとダメですね。

 

・スプレータイプよりクリームタイプの方が持続時間が長いと聞いて試してみました。しかし仕事で体を動かすと汗まみれになるのは変わらずで、その後体臭がキツくなります。汗とりシートで脇の下をふいて塗り直していますが、手間がかかるのでリピは無いかも。

 

【デオシーク悪い口コミのポイント】

・消臭効果が出にくいケースもある

・定期購入しないと1本8千円以上と競合商品と比べて高い

・夏場は2度塗りが必要なことも

 

 

デオシークの良い評判(口コミ)まとめ

 

ここからは、デオシークのよい口コミをご紹介します。

 

【デオシーク良い口コミ】

 

・冬のブーツから出した足のニオイが気になっていました。

デオシークを使い始めて最初の数日でニオイが軽くなったのを感じ、次の週には嫌なニオイを感じなくなり驚きました。これで冬も梅雨もブーツが怖くないです。

 

・最初は効果が薄くガッカリしていましたが、1ヶ月ほど使い続けると脇汗が実感できるレベルで減りました。汗が減ると同時に体臭も軽くなり、人混みに入るのも気後れしません。

 

・臭いも気になりますが、それ以上に汗がひどく対処に困っていました。

デオシークの制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が気になり試したところ汗でベタつく感じが減り、脇のシミを心配することがなくなりました。

 

・汗の量と共にニオイが増す感じがありましたがデオシークを朝と昼につけると力仕事でもしない限り汗だくにならなくなりました。嫌なワキガ臭も軽くなって気が楽です。ニオイがするときはデオシークを少量塗れば緊急対処できるのも手軽でいいです。

 

・ワキガではありませんが会社の昼休みランニングの後の体臭が気になっていました。尾フィスにシャワーが無いのでどうしても少し臭ってしまうんです。そこでデオシークを塗ってみたら気になるニオイが消えました。塗った感じもサラッとしていて服に付かないのがいいです。

 

・ワキガ臭が酷かったので海外の強い香水で誤魔化すタイプの消臭剤を使っていましたが、デオシークは無香料にもかかわらず塗るとニオイを消してくれます。今まで香料で誤魔化すのが当然と考えていましたが間違いだったようです。

 

・人混みや満員電車に載った後の体臭が嫌でデオドラントクリームにデオシークを使いました。塗ってみると体臭だけなく汗を抑える効果もあるのが便利。汗をかいた時でも脇の下がサラサラしているので気持ちがいいです。服にニオイ移りするのも減りました。

 

・ずっとスプレータイプの制汗剤を使ってきましたが効果に満足できずネットの評判を見てデオシークを購入しました。体の中でニオイの気になる部分に適量塗るだけでニオイ対策できるのが手軽です。スプレーだと足の指の間や背中に近い脇の部分は吹付けるのが難しいのですが、デオシークはクリームですから狙ったところに簡単に効かせられます。

 

【デオシーク良い口コミのポイント】

 

・使い続けることで消臭力を体感できる

・汗のベタつきを抑えてくれる

・手軽なデオドラントとしても使える

・ニオイが気になる箇所に確実に有効成分を塗れる

 

デオシークの実力を口コミから分析

 

口コミを読んで気になったのは消臭効果に対して効く効かない2つの真逆の意見が投稿されていることです。

おなじ製品を試しているのにどうして効果に差が出るのか不思議ですよね?

その謎は効果が出ないと書いた口コミを注意して読むことで解くことができます。

悪い口コミには長期間使ったと書いてあるものはありません。

デオシークの制汗や消臭の効果が出てくるまでにかかる時間は人によって違います。

汗腺が大きければパラフェノールスルホン酸亜鉛による引き締め効果が実感できるまで時間がかかるんです。

効かなかった方は数回の使用で効果が感じられなかったためにデオシークを見限った可能性があります。

体とデオシークの相性によって効果が出にくい場合も確かにありますが、短くとも1週間は毎日使い続けてみてください。

それで効果が無ければ返品しましょう。初回分に関しては全額返金保証が利用できます。

次に、価格が高いという書き込みもありました。

1本8千円は確かにデオドラント製品の相場を考えれば高いと感じますよね。

2本分の代金であれば美容クリニックで施術を受けられる価格に届きそうです。

しかしデオシークは定期購入することで実質1本4,500円ほどで購入できます。

いつでも好きなタイミングで解約できますし、定期購入を利用すれば割高感は薄れます。

汗をかくシーズンは朝と昼に2度塗りする必要があるのが手間という口コミも気になりますね。

いつも昼休みに時間が取れるとは限りませんし、うっかり忘れてしまうこともあります。

しかし大量の汗をかいたら大半のデオドラントは多かれ少なかれ流れ落ちるのが普通です。

デオシークだけが特別流れ落ちやすいわけではないので、デオドラントを変えても劇的にこの問題が解決することはないでしょう。

むしろデオシークは比較的サイズが小さいですから持ち運びも楽で、プッシュタイプのため使い勝手は抜群です。

2度塗りは他のデオドラント製品に比べて絶対に楽です。

他のデオドラントに変えても問題が悪化する可能性は高いでしょう。

このように悪い口コミにあったデメリットはどれも大きな問題にはなりません。

それよりも使い続けることで実感できるデオシークの消臭力に注目しましょう。

世界的な品質審査で認められたデオシークですから、その効果は間違いありません。

 

デオシークの一般的な評価

 

産経新聞社が運営している経済情報サイト・SankeiBiz(サンケイビズ)や大手女性ファッション誌のananにもレビューが掲載されたデオシーク。

特にananでは体臭全般に利用できるデオドラントとして評価されています。

脇だけでなく足、へそ周り、デリケートゾーンなど代表的なニオイポイントを消臭してくれると紹介されSNSでも話題になっています。

全身のニオイに対応できる秘密はデオシークに配合された数多くの有用成分。

柿タンニンやミョウバンは消臭効果が高いとされていますし、パラフェノールスルホン酸亜鉛の働きで間接的に汗腺の穴を小さくできれば汗の分泌量を抑えられます。

実際、複数のメディアで、これらが魅力的な成分だと紹介されています。

やはり、なぜ効くのかシッカリ説明されている商品は魅力的に映りますね。

 

使いやすさが評価されることも目立ちます。

プッシュタイプを採用していて、1回の使用量を1プッシュで簡単に手に取って使える。

クリームのテクスチャもベタつかずスムーズで衣類を汚すこともない。

デオドラントは長く使うものですから使いやすさは重要です。

 

その他にも定期購入で半額近く安くなるなどユーザーを第一に考えたお得なサービスが好評です。

 

世界的な評価も受けていることを忘れてはいけません。

2018年に製品の技術的水準をテストするベルギーの団体『モンドセレクション』から表彰を受けています。

つまりデオシークは技術的に高水準にある製品だということです。

2017年に審査の曖昧さを指摘されたモンドセレクションですが、それから審査を厳格させました。

その後の審査での受賞ですから、これは間違いなく高品質だということです。

デオシークは信頼できる高い評価を各方面から受けていると考えて問題ないでしょう。