グレー_デオシーククリーム・サプリ・ボディーソープ・消臭スプレーの効果と口コミ

35歳わきがサラリーマンのコンプレックス

 

  • 市販の制汗剤は全く効かないくらい汗っかきだけと大丈夫?
  • デオシークを安く買う方法はないの?
  • ワキガを治すには、手術しかないと思っていたけど、効き目あるの?
  • デオシークには悪い口コミもあるけど…買って損しないかなぁ…
  • 効き目があるってことは…肌への刺激が強すぎるんじゃないの?
  • 肌との相性が悪くて、湿疹・かぶれが出た場合に返品はできるの?

 

この記事を読んでいるということは…

あなたは、私と同じ体臭・腋臭(わきが)のお悩みをお持ちですね?

そして、どのデオドラント製品を試そうか、迷っていますね?

この記事では、20年間に渡り、ワキガのコンプレックスを持ち続けた35歳サラリーマンの私が、実際にデオシークを使ってみた感想をお話したいと思います。

 

↓↓公式サイトを見てみる↓↓

 

本題に入る前に、ワキガに悩んでいた頃の私がどんな状態だったのかを簡単に説明します。

 

  • 35年の人生の中で『あっ、コイツ、俺よりも汗っかきだ』と思ったのは2人しかいない
  • 緊張すると一気に汗が吹き出す
  • 真冬でも脇汗は止まらない
  • 気づくとYシャツと下着の脇の部分が黄ばんでニオイもする
  • 近くの人が鼻をいじると『もしかして臭っている?』と気になる
  • 毎朝通勤前には脇に消臭剤を振りかける
  • 電車の中で人の視線が気になる
  • そのため満員電車は苦痛でならない
  • 大手メーカーのデオドラント製品は一通り試したが効果なし…

 

これが、ワキガに悩んでいた頃の私です。

思えば、自分がワキガであることを疑い始めたのは中学生の時のことでした。

中学時代の私はバスケットボール部に所属していたました。

ある日のこと、練習後に私が部室に戻ると、バスケ部の仲間たちが鼻の辺りを軽く触る仕草をすることに気がつきました。

汗っかきであることは自覚していた私は、『ちょっと汗臭いかなぁ…』ぐらいに考えていました。

しかし、練習後に私が部室に入ると仲間たちが鼻の辺りを触る、このルーティンが毎日のように続きました。

このことがキッカケとなり、自分は体臭がきついのでは?と疑うようになりました。

そして、自分がワキガであることをハッキリと自覚したのは母親からの宣告がキッカケでした。

中学3年生の夏休みこと、塾から帰ると勉強机の上にメンズ用の制汗スプレーが置かれていました。

母親にたずねると、その制汗スプレー は、母親が買ってきてくれたとのこと。

そして母親は『あなたも年頃だから…』と奥歯にものが挟まったような言葉遣いで語り始めました。

実は、母親はワキガであったこと。

母親のワキガが私に遺伝しているのではないかと心配でならなかったこと。

私がワキガである可能性が高いことなどなど。

言葉を慎重に選びながら、母親は告白してくれました。

自分がワキガである事を宣告された当初は、さすがにショックでした。

しかし、今となっては、私のことを心配し振り絞るように告白してくれた母親の気持ちをありがたく思っています。

 

デオシークは効果があるの?

1年中解消されることのないワキガの悩み。

特にギラギラした夏が近づいてくると、心配はMAXに達します。

また、寒い冬の季節でも、電車や店舗の中の暖房で汗が止まらなくなり、『もしかして臭ってる??』と心配になることもあります。

そして一度不安になると、汗は止まらなくなり、不安はどんどん積み重なっていきます…

さらに近くにいる人が、指で鼻を擦ったりすると『やっぱり俺、臭ってる??』と悪循環に陥っていく…

そんな時に、ワラにもすがる思いで手を伸ばしてしまうがデオドラント製品ですね。

毎年各社から色々な新製品がリリースされるデオドラント製品。

今年こそは…と期待して毎年新製品を購入しているあなたに残念なお知らせがあります

実は市販の制汗デオドラント製品は、汗を抑える力も、ニオイを消す効果もほとんど期待できないのです。

その理由は市販製品に含まれている有効成分の量が少ないから。

市販の制汗デオドラント製品は、効果を発揮できる量の有効成分が含まれていないのです。

「ええっ、そんなモノ売るなよ!」と腹も立ちますが法律上は何も問題ないんですよね。

市販の制汗デオドラント製品ではワキガの悩みを解消することができないとなると…

最終的に悩みを根本解決するには、ワキガの手術をするしか選択肢がないのでしょうか?

いやいや、そんなことはありません!

効果が確認された制汗デオドラント製品「デオシーク」があります。

デオシークはクリームタイプのデオドラント製品で、市販の製品との大きな違いは医薬部外品に指定されていることです。

医薬部外品に指定されるためには効果が確認されているか、有効成分が一定量以上含まれている必要があります。

つまり医薬部外品に指定されているデオシークは効果が確認されている確かな制汗剤・デオドラント製品なんです。

デオシークなら今まで悩まされてきたワキガやワキ汗のシミともサヨナラすることが期待できます。

汗を気にせず服選びや人付き合いを自由に楽しめるようになれるのです。

では、デオシークが、なぜ効果があるのかについて詳しく解説していきます。

もちろん実際に製品を使用して体感した制汗効果やその持続時間などもご紹介します。

デオシークを使うことを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

デオシークは科学的に汗を抑えるから効果が違う

デオシークと市販のデオドラント製品は具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

市販のデオドラント製品で失敗した経験のある人にしてみれば、その違いこそ重要ですよね。

ドラッグストアで売られている一般的なデオドラント製品・制汗剤には2つのタイプがあります。

ひとつ目は「汗を抑える」とされるタイプです。

多くはスプレータイプで、肌に吹き付けるとヒヤッとして脇が涼しくなるので汗が引いたような感じにしてくれます。

比較的安価な物が多く、よく中高生が使うのはこのタイプですね。

パウダー状の物質で汗を吸収するタイプのスプレーもあります。

汗が肌から離れるのでサラサラした感触になります。

しかし、時間の経過と共に粉が吸収できる汗の量の限界に達し、最終的にはビショビショの状態になってしまいます。

ふたつ目は「ニオイにアプローチ」するタイプです。

香り成分が配合されたクリームやロールオンタイプのデオドラント製品が主流です。

ニオイを消すというよりは香りで嫌なニオイを誤魔化す製品ですね。

このタイプは、2つの強いニオイが組み合わさって、より強力な悪臭となるリスクもあります。

製品によっては汗と混じり合ってベタベタになることも…

お気づきだとは思いますが、ご紹介したいずれのタイプも発汗とニオイの根本原因を解決していません。

市販のデオドラント製品・制汗剤の効果がないと言われる理由はここにあるのです。

 

デオシークは市販製品と違うアプローチで汗とニオイをブロック!!

デオシークは、市販の製品とは汗やニオイに対するアプローチが全く違います。

まずニオイへのアプローチですが、根本原因となる雑菌の増加を防ぐことにより、嫌なニオイを予防します。

市販製品を使ってニオイを香りで誤魔化す場合、汗で香料が流れ落ちてしまうとスプレーやクリームを塗り直す必要があります。

またワキ汗がひどい場合には、汗拭きシートで拭く必要もあり面倒です。

そんな事していたら、恋人とのデートや友人と時間を楽しむことができませんよね。

その点、デオシークは汗で流れ落ちることもなく、抗菌成分が脇の下のニオイの素を防いでくれるので時間が経っても安心です。

汗拭きシートや制汗スプレーを持ち歩く必要がなくなり、カバンの中身も軽くなりますよ。

次にデオシークの汗に対するアプローチを説明します。

デオシークは汗を出す汗腺の穴をふさぐことで汗を抑える仕組みです。

物理的に穴をふさいでしまうので、脇の下が汗でビショビショになるのを未然に防いでくれます。

さらに汗腺の穴を引き締める天然由来の成分も配合されているため、ダブルで汗が出る穴を固く閉ざしてくれます。

脇の下の汗を拭き取る必要がなくなるので、手入れが楽になりますね。

デオシークは自然由来の成分がメインで、肌への刺激が少ないデオドラント製品です。

他の制汗剤よりも刺激が少ないですから、今まで市販のデオドラント製品・制汗剤を使っていた方なら肌荒れの心配はありません。

 

デオシークの悪い口コミ

話は変わりますが、既にネットでデオシークのことを調べている方は、不安に思うところがあるかもしれません。

口コミサイトでデオシークを検索するとネガティブな口コミも目に付くきます。

「塗っても汗止まらない!」「普通にニオイしますね」などなど、購入をためらってしまうような書き込みも見かけますよね。

これだけ効く仕組みが科学的に完成していて、医薬部外品に指定されているのに、なぜデオシークに悪い口コミがあるのか不思議ではありませんか?

悪い口コミの1つ目の原因、それはデオシークの価格が関係しています。

デオシークの価格は市販のデオドラント製品・制汗剤に比べて4倍という高級な製品です。

そのため、試したくても、購入することを躊躇(ちゅうちょ)してしまう方も大勢います。

そんな方の不満が口コミサイトで爆発している可能性もあるように見受けられます。

悪い口コミの2つ目の原因、それはデオシークが売れると困る人たちの存在です。

本当に効果のあるデオシークの良い口コミが広まることで、効果の薄い市販製品が誰からも相手にされなくなるのを恐れる人たちっていますよね。

具体的には、市販製品の販売業者の関係者とか…

デオシークほど効く仕組みが分かりやすいデオドラント製品・制汗剤はありません。

一度試してみたら、誰が嘘を言っているかすぐ分かります。

もしあなたが、ワキガ・脇の汗や臭いにお悩みの場合は是非試してみてください!

 

デオシークは使いやすい全額返金保証付き

肌に塗るタイプの製品を初めて使う時には、自分の肌との相性は大丈夫なのか?肌荒れを起こすんじゃないか?と心配になりますよね。

特にデオシークのような高価な製品を購入して、湿疹かぶれ、アレルギー反応が出たら費用が無駄になるのではないかと心配になりますよね。

できれば試供品を使って肌との相性に問題がないか確認したいところです。

しかし、残念ながらデオシークには試供品はありません。

その代わりに、デオシークでは初回購入時限定の全額返金保証制度を用意しています。

デオシークを試す場合は、普通に製品を注文し、もし問題が発生したら返品するだけで全額返金保証されます。

万が一、製品が自分の肌に合わなかったとしても、購入費用が無駄になることはありませんね!

全額返金保証を受けられるのは初回購入の方だけですが、製品を試すことが目的なら問題ありません。

なにも問題が発生しないなら、そのまま製品を使用し続ければいいだけです。

 

デオシークの単品と定期購入どちらがおすすめ?

 

デオシークの単品と定期購入どちらがおすすめ?

 

デオシークを購入してみるか!と決心した時に迷うこと、それは単品で買うか定期購入を契約するかということです。

それでは、単品購入と定期購入のメリット・デメリットを紹介します。

単品で買う場合のデメリットは、定期購入に比べて価格が割高になることです。

ただ、必要になったときに必要な分だけ購入すればよいという、気楽さがあります。

製品を使い切らないうちに、次の製品が送付されてきてしまうプレッシャーもありません。

定期購入を契約した場合のデメリットは、定期購入をやめる際に、その旨をデオシークの販売業者に伝える必要があることです。

もし仕事が忙しいなどの理由で連絡を忘れれば、次月分の製品が送付されてきてしみます。

単品購入では、そのような心配はありませんね。

その一方で、定期購入のメリットはズバリ価格です。

さらに毎月、体臭をやわらげるサプリメントを特典があります。

単品で買うより安くて、サプリメントまで貰えることから、定期購入を選択している愛用者が多いようです。

そして、デオシーク定期購入の最大の特徴は、好きなタイミングで契約を解除ができることです。

自宅に在庫を抱えて、無駄な出費をしてしまう心配はありませんね。

 

↓↓公式サイトを見てみる↓↓

 

デオシークが強力なワキガに対処できる?

デオシークの汗を抑える力が確かなことや、ニオイの元となる細菌を抑えることは分かりました。

しかし、具体的にどのような仕組みなのか気になりますよね。

デオドラント製品としては、決して安くない代金を払うわけですから、納得した上で使用したいところです。

もし、あなたがワキガで悩んでいる場合は、なぜ効くのか曖昧なままでは、製品を使用する決心もつかないでしょう。

そこでデオシークがどうしてワキガに効果があるのか、その理由も説明したいと思います。

デオシークの消臭力の秘密は合わせ技にあった!

デオシークに含まれる消臭成分のうち一番強力なものは「柿タンニン」です。

「え?柿タンニンなんて初めて聞いた!」という方でも知らぬ間に使っていると思いますよ!

なにせ歯磨き粉から消臭ガムまで消臭効果が期待される製品や石鹸などに一般的に配合されています。

それだけ多くの消臭グッズに含まれているだけあって、目立った副作用もありません。

その特徴ですが茶カテキンの25倍という消臭効果があります。

一度に塗れる消臭クリームの量は知れていますから、少ない量でより消臭効果を高めようと思ったら柿タンニンは外せません。

デオシークには柿タンニンの他にも「重曹」「炭酸ソーダ」「クエン酸」「海藻」といった消臭成分が配合されています。

それぞれの消臭成分のニオイに対するアプローチ方法は異なります。

ニオイ成分を包み込んでしまったり、臭わない物質に変換したり、菌の発生を抑えたり、様々な方面からニオイを抑え込むようデザインされているのが分かりますね。

ひとつの消臭方法が効果がなくても別のもので対処できるわけです。

これがデオシークの消臭効果が高い理由のひとつでしょう。

デオシークなら滝汗だって平気

季節関係なく大量の脇汗が出てくると対処のしようがないです。

デオシークはやっかいな汗にパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分で対応します。

あまり聞き慣れない成分ですが警戒することはありませんよ!

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、化粧品や薬品に、ごく普通に配合されています。

特に夏向けの化粧品では定番の制汗成分なんです。

このパラフェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑える仕組みは単純かつ合理的です。

汗を分泌する汗腺やアポクリン腺の出口にフタを作り、汗が分泌される穴をふさいでしまいます。

さらにデオシークは汗で流れ落ちにくいクリームタイプですから、パラフェノールスルホン酸亜鉛が長時間機能できます。

朝に適量を脇に塗ることで、その日一日は脇汗の心配はする必要ありません。

制汗剤を持ち歩かなくて済むんです。

 

ワキガの手術を決心する前に試したいデオシーク

市販のデオドラント製品を試しても効果がない場合、思いつく手段はワキガを手術で治療することです。

ワキガ治療の手術は、ニオイの原因となる菌を繁殖させる成分が含まれる汗を分泌するアポクリン汗腺を減らすことを目的に行われます。

手術の効果は絶大で95%以上の確率でワキガ臭を軽くさせることができるといわれています。

高確率でワキガを退治できることより、ワキガ治療の手術を体験した方は、他のワキガで悩む方に手術を勧める傾向が強いようです。

しかし、ワキガ治療の手術にリスクが全く無いわけじゃなりません。

手術の成功率は95%以上と高く、ほとんどの方が1回の治療で完治するとされています。

しかし、ワキガの症状が強い場合には完全にニオイを取り除くことはできず、再発の可能性だってあります。

さらにワキガ手術の大きなデメリットは、体に大きなダメージを負うことです。

手術した箇所の痛みが続き、体を動かす度に激しい痛みが走るケースも口コミされています。

術後一週間は満足に体を動かすことはできないと思ったほうがいいでしょう。

当然、手術後は会社や学校を休むことになってしまいます。

そのため、ゴールデンウィークやお盆期間などの長期休暇を狙って手術を実施する方が多いようです。

でも、痛みに耐えながら過ごす長期休暇…辛いですよね…

術後の経過が悪ければ休みが開けても痛みが続きますから、長期に渡り辛い時間を送ることも…

辛い想いをしても、再発してしまう可能性がある手術をする前に、デオシークを試してみるのはいかがでしょうか?

デオシークは手術より圧倒的にローコストで効果を試すことができますし、激しい痛みに襲われることもありません。

私はワキガの手術を受ける前にデオシークを試してみた結果、ニオイが改善し、手術を思いとどまりました。

目的はワキガの手術を受けることではなく、ワキガのニオイを解消することです。

痛みを伴う手術を決心する前に。デオシークを試してみましょう!

 

わきがに20年間悩み続けた私が実際にデオシークを使った感想

35歳わきがサラリーマンの私が実際にデオシークを使ってみた感想をお話し致します。

ここで、デオシークを試した私のワキガレベルを改めて振り返ってみたいと思います。

 

  • 35年の人生で自分より汗っかきと思ったのは2人だけ
  • プレゼンなどで緊張すると一気に汗が止まらない
  • どんなに寒い冬の日でもワキの汗は流れ出る
  • Yシャツと下着の脇の部分が黄ばむことが多い
  • 近くの人が鼻をいじると『もしかして臭っている?』と気になる
  • とくに電車の中では人の視線が気になる

 

もちろん毎日全身を石鹸で洗い、脂っこい食事を控えるように心がけています。

下着類も半年に1度は新しいものに交換するなど基本的なワキガ対策は継続的に続けています。

それでも汗がどうにもならないし、ニオイも止まりませんね。

こんな私ですがデオシークを使い始めて半月ほど過ぎた頃に、汗とニオイに変化を感じました。

汗が実感できるレベルで減少し、緊張状態になっても脇が汗だくになりません。

意外だったのは足の発汗にも効果があったこと。

デオシークをひと塗りしただけで靴下が軽く湿る程度まで汗が減り、蒸れもなくなりました。

足に塗る際のポイントは指の隙間にもちゃんと塗ること!

指の間は熱がこもっり、汗もかきやすく臭う箇所です。

しっかり対処すると足のニオイを大きく抑えることができると実感しました。

手の平にもデオシークを試してみました。

しかし、手の汗に関しては残念ながらあまり効果を感じられませんでした。

日常生活の中で、何度となく手を洗いハンドタオルで拭くと、手のひらに塗ったデオシークも拭き取られてしまう感じがあります。

そのため、デオシークの効果がなくなってしまうようです。

ちなみに、耳の裏や首筋辺りの加齢臭対策としても活用できる感じです。

デオシーク一本で総合的な体臭対策ができるので是非一本持っておきたいですね。

 

デオシークの気になる点

体臭に関しては効果抜群のデオシークですが、使っていると気になる点も出てきます。

私が気になった点を、いくつかピックアップしたいと思います。

1つ目は、先ほどもご説明いたしましたが、手汗にはあまり効果がなかったことです。

足裏に効いたので手でも大丈夫かと思ったのですが、効果が消えるのが早く、ベタつきがあるのでちょっと実用的ではありません。

2つ目は容量が少ないことです。

脇にだけ塗ることを想定しているのか、足や耳の裏に毎日塗ろうとするとアッという間に無くなってしまいます。

正直、倍の量でなんとか1月持つかなといったレベルです。

これは、デオシークの使い勝手がよいゆえの悩みですね。

ただ、脇だけに限定して使えば1本で1月は持ちます。

そして3つ目、最後に気になった点は、保湿力がある点です。

一般的にデオドラント製品・制汗剤は、とにかく乾かそうとする製品が多いことより、サラッとした使用感をイメージします。

それに対し、デオシークはクリームですから塗ると保湿感があるんです。

人によっては、デオドラント製品なのにシットリ感があることに違和感を覚えるるかもしれません。

私も、そんな違和感を持った一人でした。

しかし、デオシークの汗を抑える力は確かです。

デオシークは、サラサラ感だけの市販製品とは全く別次元の製品です。

デオシークは市販の制汗デオドラント製品とは違い、科学的に効く仕組みが確認された医薬部外品です。

クリームの特性を活かした持続力があり、朝塗れば効果が1日持続します。

成分のほとんどは天然由来なので肌の弱い人でも安心して使え、肌に合わない場合は全額返金保証で代金が戻ってくるから二重で安心。

高額ですが初回購入には手厚い全額返金保証がありますから、制汗デオドラント製品で絶対失敗したくない方におすすめです。

 

デオシークを最安値で購入する方法

 

デオシークを最安値で購入する方法はズバリ定期購入です!

単品購入することもできますが、定期購入するのが断然お得です。

例えば、デオシーク・クリーム1本を単品で購入すると、税抜きで7,980円に加え630円の送料が必要になります。

一方で、デオシーク・クリーム1本を定期購入で申し込むと、ナント4,380円!しかも送料無料です!

単品購入よりも実に4,230円も安くなります。

さらにデオシーク・クリーム2本を定期購入で申し込むと7,380円で送料無料!

デオシーク・クリーム2本を単品購入するよりも、実に9,210円も割り引いてもらえます。

気に入れば結局毎月購入してしまうデオシーク・クリーム。

結局は脇以外にも使いたくなりますので2本でも使い切ってしまいます。

ちなみに、デオシークの定期購入は、いろいろな組み合わせの中から選ぶことができます。

公式サイトでどのコースがお得なのか調べると、個人的には「デオシーククリーム2本とサプリメント定期コース(7,880円)」がオススメです。

単価購入するよりも、ナントナント13,690円もお得になります。

 

「でも1月に1本しか使わないんだよな~」という方は2本頼んで次の月は定期購入の注文を休止すればOKです。

隔月で注文することでコスパよくデオシークを購入できます。

定期購入の初回特典として「消臭スプレー」がもらえます。

さらにボディーソープも注文すると特典として「ボディタオル」がもらえます。

このボディーソープを頼むかどうか迷う方は結構多いそうですが、クリームに負けず劣らず消臭力高いですよ。

液体が黒色で一瞬使うのをためらいますが、使ってみると泡立ちが良くて洗い心地も気持ちいい!

デオシーク・クリームの影に隠れていますが見逃せない実力の持ち主です。

定期コースで一緒に申し込むことになるサプリメントは体臭全般に作用してくれます。

加齢臭や足臭など外側のニオイはもちろん、口臭のような内側のニオイにもアプローチしてくれます。

朝の口の臭いが気になっていたので寝る前に飲んだら、翌日の口臭がほとんどしなくて驚きました。

サプリですから体の内側から変えていくわけです。

初回特典として消臭スプレーが付いてきまが、この効果はすばらしいです!

衣類についたタバコ・焼き肉のニオイや靴の悪臭の消臭はもちろんのこと、服に移った体臭の除去にも効果ありです。

 

↓↓公式サイトを見てみる↓↓